SDGs入門プログラム全体の特色

  • 経営学の視点から、SDGsの専門知識、関連知識、歴史的展開を体系化
  • 科目単位での教育の質保証の取り組み
  • 各回eラーニングの学習の後に確認テスト、1科目ごとの学習後に科目修了テストを実施
  • 7科目の全修了テスト認定者の中で、希望者に向けて資格認定制度を準備中(2021年2月末予定)

ベーシックコースの特色

  • 経営学の視点から、SDGsを、CSR、ESG、CSVと相互に結び付けて体系化
  • 上記に関連した歴史的展開を詳述し、国内外の適用動向をわかりやすく解説
  • 未来社会課題型の企業経営であるSDGs経営の進め方を学べる
  • 内閣府が選定するSDGs未来都市の事例を通じて自治体の特徴的な取り組みを学べる

ケーススタディコースの特色

  • SDGsの17目標、ターゲット、指標、ローカル指標を体系的に解説
  • グリーン購入ネットワーク(GPN)の全面協力による事例提供
    • 「持続可能な調達」を通じたグリーン市場の拡大を目指す「グリーン購入大賞」を主催
    • 表彰された優秀な企業と自治体の事例を、自社・団体へ応用できるケーススタディとして編纂

受講料

一般価格:33,000円(税別)

協賛団体会員価格:28,000(税別)

協賛団体会員とは、当社とのお取引や提携関係または今後提携を希望される団体様となります。

SDGs入門プログラム「ベーシックコース」の構成

総論(1)
  • SDGsの成り立ちと意義
  • SDGs経営のビジネスチャンス
  • ビジネスリスクと機会に対応するESG経営、ESG投資
  • CSRとISO26000
  • CSRを基盤としたCSVの展開
総論(2)
  • 未来志向の企業経営に向けたSDGsの必要性
  • 未来志向の企業経営に向けたSDGs WAYマネジメント
  • 日本政府・各省庁の動向と世界における日本のSDGs
  • 自治体における地方創生とSDGs「SDGs未来都市」
  • 統合報告書の編纂と情報発信
SDGsの概要と企業経営における取り組み方
  • SDGsの概要
  • 2030アジェンダの理解
  • そもそもSD(持続可能な開発)とは
  • CSR/CSV/ESGとの統合的理解
  • 内部化
  • 経営への統合
SDGsの背景と歴史
  • 2010年代「拡大」
  • 2000年代「責任」
  • 1990年代「地球」
  • 1980年代「転機」
  • 1970年代「危機」
  • 1945~1960年代「原点」

SDGs入門プログラム「ケーススタディコース」の構成

SDGsの全体像と事例研究
  • SDGsの全体像と特徴
  • SDGsの17目標の相互関係と分類
  • (1)人間 目標1~6の解説と事例
  • (2)繁栄 目標7~11の解説と事例
  • (3)地球 目標12~15の解説と事例
  • (4)平和 目標16の解説と事例
  • (5)協働 目標17の解説と事例
SDGsの国際・国内動向と事例研究(1)
  • わが国におけるSDGs推進の経緯
  • 政府、各省庁によるSDGsの推進
  • 地方自治体のSDGsの取り組み
  • SDGsを推進する団体
  • 企業の取り組み事例
  • 教育・研究機関の取り組み事例
SDGsの国際・国内動向と事例研究(2)
  • 各国政府、国際機関、NGO等の取り組み状況
  • 各国の進捗状況と日本の立ち位置および特徴
  • グローバルトップ企業の事例
  • グローバルベンチャー企業・NGOの事例
  • SDGs/ESG金融
  • 国際動向のまとめと、日本企業としての関わり方
  • 日本企業のグローバルアプローチの先進事例

※構成や内容は変更する場合があります

このイーラーニングプログラムは青山学院経営学部 玉木欽也教授監修により下記の内容を提供しております。

お問合せはこちらから