Home » What's New, オススメ情報 Pickup » 【オススメ情報】貸倒れリスクを排除する売掛保証サービス

【オススメ情報】貸倒れリスクを排除する売掛保証サービスO2O・オムニチャネルマーケティングコンサルティングのフィルゲート

category : What's New, オススメ情報 Pickup 2013.12.20 

中小企業にとっては新規の取引を増やしたい、しかし貸倒れは避けたい、これが実情ではないでしょうか。ビジネスを行う上で売掛金が回収された時点で本当の商売が成立したことになります。これはネットであってもリアルなビジネスであっても変わることはありません。
O2O/オムニチャンネルの様にBtoCであっても仕入れ、販売についてはBtoB(企業間取引)が介在します。折角売り上げても回収不能になっては、財務体質の脆弱なベンチャー企業にとっては死活問題になりません。

トラスト&グロースでは、貴社の販売先に対する売掛債権を保証し、万が一支払不能になった場合にあらかじめ設定した保証金額をお支払いするサービス「T&G売掛保証」を提供しています。オンライン取引、オフライン取引、O2O取引等中堅中小・ベンチャー企業の商取引で活用できます。

【売掛保証とは】

企業間の取引を売掛で行い、保有する売掛債権が回収できなかった際に支払いを保証するサービスです。
売掛債権の回収を保証し、取引先が倒産した際に支払いが行われることが多いことから、債権保証、倒産保証とも呼ばれています。

【売掛取引の流れ】

売掛取引において代金回収ができない、未回収が発生するリスクのことを「信用リスク」といいます。
日本の企業間取引では、大部分が信用リスクのある売掛取引で行われています。
売掛取引の場合、万が一代金回収ができないということになれば、企業は売掛債権を回収するために、電話で督促を行ったり、訪問したりと、いわゆる債権回収を行わなければなりません。
一度支払われなかった取引の売掛債権を回収するのは、非常に困難で、多くの手間や費用が掛かってしまいます。
そのため、企業間取引ではいかに信用リスクを回避するかが重要です。

信用リスクを回避するためには取引先の支払い能力を事前に調べておく必要があり、この調査・確認をしたうえで、取引先を信用して「いくら取引をする」という枠を与えることを「与信」といいます。
企業における与信は一般的に下記の図のような流れで行われていきます。
新規取引のタイミングはもちろん、取引が続いている限り常にサイクルしています。

売掛取引の流れ
              与信サイクル
 

実際に企業が与信を行う場合、情報が少ない場合も多く、分析ができず判断に迷うことが多くあります。
近年日本では、厳しい競争環境の中、不確実な経営環境が続いており、今後も企業倒産の動向を注視していく必要があります。

このような環境で「与信」して信用リスクを抱える企業側からすると、当然取引先に対する評価は厳しくならざるを得ません。
取引相手が、中堅中小・ベンチャー企業であればなおさらです。

よって、多くの中堅中小・ベンチャー企業では、掛払いを希望しても断られたり、「前払い」での取引しかできない状況になっています。そのため、満足いくまで仕入れができなかったり、積極的に商売を展開できない状況が起きています。

【一社だけでも、1ヶ月だけでも、個人事業主でも利用OK】

・審査の承認率90%以上
 独自の与信判断で幅広い引き受けを実現。他社に断られていた取引先もお任せください。

・新規は1社から利用可能
 新規取引先は1社単位で、期間を限定してご利用いただけます。積極的に取引先の開拓ができます。

・個人事業主にも対応
 他社が引き受けない、企業調査会社の情報がない企業でも対応します。

・支払遅延にも対応
 支払期日に入金がなければ履行請求可能。回収業務の削減につながります。

【導入先企業データ】

利用企業

 

【サービス紹介】
状況に応じた2つのプランをご用意

【基本料率】

企業調査会社の評点 保証限度額(総額) 保証料率 / 月(極度保証)
66点以上 ~30,000千円 0.125%
61点以上 ~30,000千円 0.375%
56点以上 ~30,000千円 0.750%
51点以上 ~25,000千円 1.100%
47点以上 ~15,000千円 1.350%
40点以上 ~8,000千円 1.800%
39点以下 ~5,000千円 個別審査により
情報なし・新設企業 ~3,000千円 個別審査により

 支払遅延オプション

支払遅延を履行対象に加える場合、極度保証は料率に0.1%を加えた料率となり、個別保証は【極度保証の料率×1.5】に0.1%を加算した料率になります。

  • ※個別保証の場合、極度保証の1.5倍の料率となります。

  • ※審査により保証可否・限度額・料率が決定します。審査には1,500円/件の審査費用が発生します。

  • ※本目安表は、調査会社の評点に連動した目安であり、当社が保証を受諾することを約束するものではありません。

  • ※本目安表は、経済情勢等により変更することがあります。

    リアル、ネット、O2Oビジネスに対応しております。 お問い合わせは下記へ

 


comment closed

Copyright(c) 2013 O2O・オムニチャネルマーケティングコンサルティングのフィルゲート All Rights Reserved.